shutterstock_142804030

世の中には数えきれない程の製品や企業があふれていて、日々数多くのプロモーションが実施されています。商品やサービスを提供している、いわば「売り手」の側には強い思い入れがあり、良いプロモーションをすれば認知度は高まり、きっと商品は売れるはずだ!と思ってしまいがちです。しかし残念ながら商品やサービスを受ける、いわゆる「買い手」の側からすればその商品やサービスのことなど少しも気にしてませんし考えてもいません。言ってしまえば無関心で冷めた状態です。

「売り手の熱い想い」と「買い手の冷めた感情」この温度差が認識できていないとプロモーションは失敗に終わることとなります。

皆さんも、日々数多くのプロモーションに接しているはずですが、どれだけ認知していて、どれだけ購買につながっているでしょうか?実は、ほとんどのプロモーションがスルーされているのです。プロモーションを実施する際には「何を伝えたいか」ではなくて「どうしたら伝わるのか」ということを「売り手」の想いではなく「買い手」の立場に立って考えることが重要ですね。