img_0662
オートキャンプ場と言えば家族連れやカップルや若者のグループで盛り上がっている映像を思い浮かべますが、
オヤジもキャンプしたいわけで年に何度かはキャンプ場でのんびり過ごします。

基本、前日も飲み過ぎているのでキャンプ場には遅めの到着となります。
当然、他のサイトは既にテントやタープが設営されて子供達が戯れていて「そろそろ火を熾そうかな」と言う雰囲気です。

そこへ黒塗りの車が一台やってきて中から坊主頭のオヤジが出てきたら皆さんどうでしょう?
周りの人たちはさぞかし嫌な思いをしているんだろうなと毎回思うわけです。

子供が遊んでいるボールが転がってこようものなら皆さん慌てて取りに来られます。

そして、坊主頭のオヤジはトランクに満載のキャンプ道具をおもむろに取り出して、
慣れた手つきでテントとタープを設営して手際よく火を熾しダッチオーブンを火にかけるわけです。

そのころになると周りの視線は和らいだ感じがするのですが、何となく申し訳ないなと思うわけです。

と言うことで、キャンプを楽しんでいる皆さんのためにも、
撮影用兼キャンプ用としてワンボックスカーの購入を社長に提案したいと思います!
img_0660